日本官能文学芸術協会の成り立ち

この協会を運営する株式会社エースオブハーツ(以下、当運営事務局)はこれまで、 様々な大手小説投稿サイトがタブー視していたR18指定の小説投稿サイトを開設し、 男性はもちろん女性がより積極的に楽しめ、官能表現が存分にできる場をユーザーに提供して参りました。
その中のひとつ、「大人のケータイ官能小説」で平成25年に新たな官能作家を発掘するため、 第1回官能小説コンテストが開催されました。 このコンテストの開催に当たり官能表現に造詣が深く、 また官能表現の発展と振興を志す審査員の方々のご協力のもと、コンテストは無事成功を収め、 コンテスト受賞作は続々と書籍化されています。
定期的に開催されるこのコンテストを中心に、新たな才能を見出し、 また官能表現の理解と気持ちのいいことを求めることに対するネガティブなイメージを払拭すべく、 平成27年7月7日に日本官能文学芸術協会を官能文学・芸術の発展と振興を促す目的で設立しました。

協会定款

  • 第一条 名称

    この協会を日本官能文学芸術協会(以下協会)という。

  • 第二条 目的

    官能表現に対する理解の啓蒙と官能文芸の発展と促進を目指す。 その一環として官能小説コンテストを主催、審査、授与を行い、 才能あるクリエイターを発掘することを目的とする。

  • 第三条 活動

    この協会は、前条の目的を達成するため、次の活動を行う。

    1. 官能小説サイト(http://kanno-novel.jp/)内で、年に1回、官能小説コンテストを開催する
    2. 官能小説コンテストの優秀作品に対する各種賞の授与
    3. その他の官能文学においてコンテスト開催や賞の授与
    4. その他目的を達成するに必要な活動
    5. 年に1回の協議会を行う
  • 第四条 活動年度

    この協会の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

  • 第五条 運営

    この協会は株式会社エースオブハーツ(以下運営事務局)が運営を行う。 事務局が運営するサイト「ケータイ官能小説」にて官能小説コンテストの主催、コンテストの賞金の支払い、 協議会の主催・進行を行い、この協会の活動が円滑に行えるように努めなくてはいけない。

  • 第六条 理事

    (資格)
    官能文学・芸術に貢献している人物であること。もしくは官能小説コンテストの審査員を務めた者とする。

    (任期)
    辞退の申し出がない限り、自動的に次の年度も継続されるものとする。

    (報酬など)
    基本的に無報酬とする。ただし、コンテストの審査員を務めるなど、特別な職務執行の対価として報酬を支給することができる。

  • 第七条 協議会

    この協会は年に1回協議会を開催し、官能文学・芸術をより発展させるために話し合いを行う。 またこれ以外も、必要があれば臨時の協議会を行うことができる。 協議会の招集・進行は運営事務局が行う。 運営事務局は協議会の開催日を5日前までに、理事に対して、日時・場所等を通知しなければならない。

  • 第八条 解散

    この協会は、運営が困難であると運営事務局が判断した場合、及び法令で定めた事由により解散することができる。

  • 第九条 個人情報の保護

    この協会は、活動上知り得た個人情報の保護に万全を期すものとする。 ただし、理事においては、協会の公式サイトおよびコンテストを開催する官能小説サイトにて名前等の紹介を掲載することを許可するものとする。

このサイトについて

このサイトは官能的な文芸の発展と振興を志す、有志の方々で構成された 「日本官能文学芸術協会」のページです。 このサイトはリンクフリーです。
バナーはダウンロードしてお使いください。



日本官能文学芸術協会
http://sensual-art.jp/

日本官能文学芸術協会のコンセプト

人間の三大欲求は“食欲”“睡眠欲”“性欲”と言われます。 ところがどうでしょう。食欲や睡眠欲は気兼ねなく人に話せても、 性欲については、特に女性やセクシュアル・マイノリティの方は表だって話すことは難しいのが現状です。 この協会では、「おいしいものを食べたいと思うことが当然のように、 性的快楽を求めるのも当然のことである」 といった認識を少しでも多くの方に理解していただけるよう啓蒙し、 誰もが気軽に官能表現を楽しめるよう、性的官能を求めることに対する蔑みや偏見を無くしていくことを目的としています。 官能文学・芸術の発展と、男性はもちろん、女性やセクシュアル・マイノリティの方の 性の解放にも貢献していけるよう尽力いたします。

官能について考える方々へ

官能とは何か?
人は何にエロチシズムを感じ、
何に対して欲情するのか?

文壇でもアートでも、官能表現は重要な役割を担っています。 官能文化の発展は、それにかかわる文学や芸術への発展にも繋がります。
エロは低俗?AV・エロ本は下品な娯楽?官能小説は文学ではない? いいえ、その中に芽生える文学や芸術があるはずです。
この協会では官能表現への理解を啓蒙すべく、ご賛同者様を募集しております。 上記の協会コンセプトにご賛同くださる方は、ご自身のブログやサイトに当協会のリンクをお貼り(ツイッターの場合は「フォロー」、 Facebookの場合はFacebookの協会ページを「いいね!」)頂いた後、下記フォームより会員登録を行ってください。 もちろん会員登録せずにバナーだけ貼っていただいても結構です。 詳細は会員登録ページよりどうぞ。